中央分水嶺(岐阜)

Home » Articles » 中央分水嶺(岐阜), published: 2019-04-23 (updated: 2019-10-09)

栃木~長野の続き。水は日本海と太平洋のいずれに流れるかの中央分水嶺について、長野県とともにもっともヤヤコシイと思われる岐阜県。野麦峠から三国岳までざっくりトレース

乗鞍の溶岩台地が難しいのはしかたない。郡上市ひるがの高原の分水界は、長良川源流の叺谷(かますだに)の側刻が著しく(天正年間に地震による大規模山体崩壊もあったとのことで)地形図を読んでも明瞭に見えず、分水嶺公園くらいしか目安がない。
同じ郡上市でも、石徹白は長良川ではなく九頭竜川の水系となる。ここは福井県との間で歴史的にヤヤコシイ経緯があるとのこと。分水嶺である檜峠を境に、西の旧石徹白村、東の旧高鷲村で、生活や文化が異なるのではなかろうか(よく知らないが興味はある)。
毘沙門岳から西は、福井との県境にほぼ等しい。

中央分水嶺(甲子山から野麦峠)中央分水嶺(福島)紀伊半島の分水嶺

余談。
週末、近所の健志台へ。陸上の日体大記録会をちょっと見てきた
nittaidai20190420

女子3000m、戸部千晶さん(パナソニック)の走りを見られたので満足した。
ハイレベルなトラック競技を初めて実際に見たが、陸上っておもしろい。