中央分水嶺(甲子山から野麦峠まで)

トップ » ブログ » 中央分水嶺(甲子山から野麦峠まで)
公開日:2019-04-19 更新日:2021-06-08

国土地理院応用地理部の「降った雨はどこに流れる? 分水嶺という言葉をご存知ですか?」という国土地理院応用地理部のツイートがあった。
言われてみれば認識が曖昧なところがたくさんあるので、せめて「日本海に流れるか太平洋に流れるか」の中央分水界を POI 甲子山から POI 野麦峠までざっくりトレースしてみた(フルスクリーン推奨)

  • 谷川岳のように有無を言わさず分水しそうな急峻なところはともかく、POI 信州峠周辺などは曖昧な感じ
  • POI 尾瀬、野反湖や浅間山の周辺は明確な稜線がなく凹凸を読み取るのが困難なので「どちらへ流れるのか」判別がヤヤコシイ
  • 八ヶ岳の東側山裾も、POI 鉄道最高点くらいしか目安がないのでヤヤコシイ
  • 蓼科の2つの人造湖、POI 白樺湖POI 女神湖。前者は天竜川の水系だが、後者は塩沢堰だから千曲川へ向かう。もともと高層湿原なのでヤヤコシイ
  • 他の山間部の県境・市町村境は、おおむね分水界と合致していることに気づく。よく出来ている
  • 長野県塩尻市の POI 奈良井川、食い込み具合がエグい。このへんは境峠断層が串刺し

いろんなヒントが詰まっている。この線を以って「太平洋側」と「日本海側」といった区分は一般になされないけれど。
中央分水界で最も高度が低いのは POI 丹波市氷上町石生で、標高95mとのこと。

こちらも参照を:

地図蔵 Articles