中央分水嶺(福島)

トップ » ブログ » 中央分水嶺(福島)
公開日:2019-04-26 更新日:2021-05-29

さらに前回の続き。東北の中央分水嶺は、南北に縦断する県境にほぼ等しいが、福島県だけはスパっと東西に二分される。POI 栗子山から栃木との県境までざっくりトレース。

安積疎水は、猪苗代湖(水面標高514m)から日本海へ注ぐはずの水を太平洋側へ導く格好。またPOI 中山峠は標高525m。分水の壁は低い。
羽鳥ダムの南、陸自のPOI 布引山演習場周辺は、まるで「分水嶺の争奪戦」の様相を呈している。というか、太平洋側が日本海側を浸食・侵略している案配。

こちらも参照を:

地図蔵 Articles