美幸線の未成区間

Home » Articles » 美幸線の未成区間
公開日:2020-11-20 更新日:2020-11-22

仁宇布~北見枝幸のルート

北海道の美幸線は、美深と枝幸を指した鉄道路線。1964(昭和39)年にまず美深~仁宇布の間で部分開業、北見枝幸駅に向け日本鉄道建設公団が建設を進めていた。
だが1979(昭和54)年、完成間近で工事は凍結され、結局は開業できなかった。
美深~POI 仁宇布駅の開業区間の輸送量は極めて少なく、深名線や白糠線、福岡の添田線などと並んで最悪レベルの赤字線だったとのこと。

未成区間は、地理院の70年代空中写真でトンネルを除き確認できる。また現行の地形図でも、盛土や切土の記載に痕跡を見ることができる。ざっくりトレースを加えてみる(駅の位置は推定)。

また国鉄には「興浜北線」が浜頓別駅からPOI 北見枝幸駅まで存在した(開業=1936年、廃止=1985年)。

廃止された鉄道路線と駅のマップ

現在の感覚からすれば不採算必至の事業を何故? という疑問しかないが、酔狂な絵空事ではなかったからこそ大真面目にそれをやろうとしていたし、昭和の時代の空気感というのはそうだったのだ、としか言いようがあるまい。
オホーツク地方は、もはや廃れていくのを座して待つしかないだろうか。

路盤工事が完了していたものの、やはり完成を見なかった芦別線もPOI 石狩新城まで、また名羽線のPOI 曙駅POI 朱鞠内駅間およびPOI 戸井線の未成区間もトレースしておいた。

コチラも参照:五新線の地図土木遺産一覧マップ