令和2年度の国宝と重要文化財(建造物)の指定

トップ » ブログ » 令和2年度の国宝と重要文化財(建造物)の指定
公開日:2020-11-24 更新日:2020-11-24

先月、文化庁は1件の建造物を国宝に、18件の建造物(新規16件、追加2件)を重要文化財に指定することを文部科学大臣に答申したことを発表していた。
国宝に指定されたのはPOI 八坂神社本殿で、重文から格上げ。なお八坂神社は疫神社本殿など26棟が新たに重文に指定された。

戦後の土木施設として初

POI 紅葉谷川庭園砂防施設POI 西海橋は、戦後の土木施設として初めて重要文化財に指定された。また現役灯台も4件。

亀岡市のPOI 遠山家住宅はすでに主屋が重文に指定されていたが、米蔵、借物蔵と長屋門も追加指定。

※いうまでもなく訪問の際には注意してください。POI 犬伏家住宅などは個人の邸宅であり、決して不法に進入などしてはなりません。

全件は国宝と重要文化財一覧マップにまとめてあります。

地図蔵 Articles