三陸の復興支援道路

Home » Blog » 三陸の復興支援道路, published: 2019-02-25 (updated: 2019-06-19)

3.11東日本大震災からもうすぐ8年。三陸地方のいわゆる復興支援道路(高速道路・自動車専用道)建設はココまで進んだ。青は供用済、赤は事業中(クリック可、2019年2月現在)。

この春の開通予定は

8年で、よくぞここまでという感じがする。現地の方々には「遅い」と見る向きもあるかもしれないけれど。このマップから抜粋した。

余談。
文系か理系か、というアメリカみたいな二択で選別する思考方法は善くない。
私は人文学部中退だが、自分が文系だとは思っていないし、理系の脳に欠けるとも思ってない。そこに帰属意識みたいなものが発生したら、人生のオプションは半減するだろう。
血液型によるカテゴライズもしかり、意味がない。ほかにも学歴や出身大学などを「判断材料」とする思考方法も、まず意味がない。
人の属性(Attribute)によって選別しようとするこれらの思考方法は、まったく短絡的で愚かしい。
その人物の持つ本質(Essence)とは、別のものだ。
この手の思考方法は、さらに「先入観」と呼ばれる厄介なフィルターを装着させ、ひとや社会に対する視野を狭めていく。
現に政治や経済の世界には、2世や3世というだけで大きな顔をして闊歩している愚鈍な人物がどれほどいるか?
他者に対する思慮を欠いた人物が施政する国が、いまどうなっているか?