Google Custom Search

カルデラ

  •  updated:

カルデラ(Caldera)=火山性の火口状凹地で、直径が2kmより大きいもの。通常の爆裂火口は直径が2kmを超えないので、爆裂以外の陥没等の成因が考えられる。
カルデラ地形が残っていない元・バイアス型カルデラを「コールドロン」という。
地形図に色別標高図を透過で被せると、認識しやすいかと思われる。

屈斜路阿寒倶多楽宇曽利山湖田代平鬼首カルデラ十和田カルデラ森吉火山山頂カルデラ秋田駒ヶ岳南部カルデラ向町盆地肘折カルデラ雄国沼沢赤城山・大沼三原山

三宅島箱根湯河原カルデラ妙高カルデラ立山カルデラ黒姫山のカルデラ大峠コールドロン三瓶山妙見カルデラ野岳カルデラ阿蘇加久藤姶良池田カルデラ

出典:国土地理院

コールドロンの認識はむずかしい。なお、地すべり地形については以前記した

余談。崩落した阿蘇大橋と、国道57号の北側復旧ルートの概要が、国交省により示された。
こちらにそれを図示したが、グーグルマップの航空写真、阿蘇市赤水温泉近くに、
阿蘇市赤水温泉近く

これまで航空機は随所に写り込んでいたが、ヘリコプタは初めて見た。ドローン(Drone)かと思った。