山梨と長野の温泉

トップ » ブログ » 山梨と長野の温泉
公開日:2021-02-06 更新日:2021-06-08

温泉のデータベースみたいなものは、どうもなさそうだ。国土数値情報にも、もちろんない。
もっとも、掘削(ボーリング)で出ている温泉、個人所有の温泉もたくさんあるわけだから、栓の無い話である(風呂だけに)。

温泉マーク

不思議なことだが「地理院地図」には凡例がない。探すと、キッズ向けのページにたどり着く。温泉の地図記号について、次のように記載してある

温泉の記号は、温泉法という法律で決められている温泉や鉱泉(こうせん)をあらわします。
記号は、主な温泉のでているところの場所をあらわしますが、温泉のでている場所と浴場が離れている場合には、浴場の場所にも表示することがあります。
この記号は、泉源の湯壺と湯けむりを組み合わせて記号にしています。

「泉源の位置」とは書いてない。子供向けだからだろうか? ニュアンスが違うのだろうか?
しかし、たくさんある地図記号の中で一番コーフンするのは温泉である(まちがいない)。

地理院タイルの温泉マーク

環境省によると、日本全国に 27,000 あまりの源泉があり、うち 7,500 以上が自噴とのこと。
豪勢な温泉ホテルや旅館の情報は世に余りあるし、それを追随してもおもしろくない。
そこでデータが無いなら自己完結、山梨県と長野県について目を皿のようにしてひたすら温泉マークを拾ってみた(ヒマなことだ)。

人里離れた山中にポツンと温泉マークが POI あったりすると、惹かれるものがある。個人的には、POI 白骨POI 明治が好きだ。

環境省の当該資料によれば、長野県の源泉総数は 953、うち利用されている自噴源泉は 260 となっている(動力による源泉のほうが多い)。上記のマップに拾い上げた長野県内の温泉マークは 290 件あまり(山梨は約 90)。

くりかえすが、有名か無名かにかかわらず「記載されている記号」であって、また地理院タイルとはいえ瑕疵も稀にある。

なぜ山梨県と長野県なのか? というと、私自身が行きそうだからである。
他の45都道府県も網羅しようと思えば出来ないこともないが、気が遠くなる(とくに源泉総数が 4,445 に及ぶ大分県は!)。

昨今は休業や廃業しているところが増えているのが心配。
しかし源泉というのは、ダムに沈んだり、御嶽の濁川のように災害で滅失しない限りは、残る。
また「温泉を掘り当てる」というのは、ロマンがある。
続き=大分と熊本の温泉

※見落としているものがあるかもしれませんが、もしあればこちらからご教示いただけますと幸いです。

追記:全国ひとまとめにしました。地形図の温泉記号♨一覧マップ

地図蔵 Articles