トップ » ブログ » マップタイルを使わないで世界地図を作ってみるサンプル

マップタイルを使わないで世界地図を作ってみるサンプル

公開: 2024年04月14日, 更新: 2024年05月01日

国土地理院や OpenStreetMap などのマップタイルがもしも障害を起こしたりサービスを終了したならば果たしてどうなるかという心配が常にある。プロバイダはいろいろあるにはあるが。
個人レベルで Google Maps API に毎月10万円くらい支払うのは現実的ではない (酒や煙草を断つ気もない)。
自前でタイルを用意しておくのがフォールバックとしてまず考えられるが、それもめんどうくさい

Leaflet ならばタイルを用いなくても L.geoJson で描いてしまえばいいじゃん、と思いやってみた。計測ツールには使えないが。
上記の例では南極やグリーンランドなどを端折って軽くしている。用途次第だがラベルは主要国だけ記載すれば構わない気がした。

この事象の場合はとくに「だいたいこのへん」といった大雑把な情報だし、ソースにより振り幅がある。epicenter というのも現実にはピンポイントの点ではなく線、むしろ面だろうから、厳密さを追求する必要もなかろうと思う。

関係ないが、艦船は船尾の曲線に美しさがある

エスメラルダ船尾

上の画像は帆船エスメラルダ、下の画像は飛鳥Ⅱ

飛鳥Ⅱ船尾

Dama Blanca の勝ちかなぁ

japonyol.net