利根川の流域と分水界を描く

トップ » ブログ » 利根川の流域と分水界を描く
published: 2021-12-16, updated: 2021-12-16 by Campo Salado

坂東太郎の流域をざっくりトレースした。

寒いのはイヤ

流域面積 16,840 km²、洪水調節を目的とするダムが多数あるので、その主要なものもプロットした。青色 circleMarker はアメダス。

鬼怒川と那珂川水系荒川の分水界などスレスレという感じ。

GSI, 自分で作る色別標高図

深谷市あたりから下流、荒川水系との分水界をたどるのは無理。
日本の主要な分水界のマップも参照を。記事にしていない吉野川、姫川や耳川なども書き込んでいる。
残るは、あの川だけ。

余談、NHK で天気予報が始まると「見なきゃ」と思うのだが、九州沖縄から明日の予報が出て肝心の横浜の天気を見逃す(聞き逃す)ことが多い。うわの空になってしまう。注意力散漫と言われればそれまでなのだけれど、私だけだろうか?
いま NHK でもっとも実力のあるアナウンサーは池田伸子さんだと思う。発音、発声、テンポ、正確さ、聴き易さなど、どれを取ってもピカイチだと思う。
クールな感じの方だが、天気予報のとき合いの手で「ほぉほぉ」とか「はぁ」とかチカラが抜けて地が出る感じで、また良い。

地図蔵 Articles