Google Custom Search

滝室坂

  •  updated:

豊後街道は、肥後熊本の藩主・加藤清正が軍事と交通の重要ルートとして整備した。
この街道の最大の難所が、阿蘇カルデラの東端・阿蘇市一の宮町の旧宿場町・坂梨から東外輪山にいたる標高差約200mの急坂「滝室坂」。
鈴木隆介著『建設技術者のための地形図読図入門』(古今書院)によれば

カルデラ壁には2~3段の露岩帯があり、熔結凝灰岩の存在を示す・・・
カルデラ壁は著しく開析され、多くの短い必従谷が発達・・・
土石流の頻発で生じた沖積錐が側方に連続的に発達・・・
鉄道・道路ともに落石災害が多いであろう

カルデラ壁の外(東)側は火砕流台地。
現在の国道57号「滝室坂」は線形が悪く急勾配で、連続雨量140mmで事前通行規制が実施され、冬季は積雪・凍結の問題がある。
2012年7月の九州北部豪雨では法面が崩壊、40日間も全面通行止めとなった。現在の地図では砂防堰堤がたくさん。
そこで、地域高規格道路「中九州横断道路」の一部となる「滝室坂道路」が事業中(次の地図中、赤い線)。
滝室坂トンネル(仮称、約4.8km)の着工式が今年6月24日、阿蘇市波野の坑口で行なわれたとのこと。
結構な勾配だが(4%らしい)、開通時期は未定。

5万分の1地形図「阿蘇山」(昭和7年修測・参謀本部、Stanford Digital Repository)の一部、滝室坂付近。
古い街道の滝室坂ルート(石畳であったと伝えられている)は谷を直登するように描かれているが、1990年の水害で被害を受け廃道となったらしい。
滝室坂

豊肥本線は熊本地震により肥後大津~阿蘇の間が運休中で復旧のメドは立っていないが、滝室坂の周辺もまたリスクが高そう(こちらも2012年7月の豪雨で運休した)。
カルデラの反対側「立野」のようなスイッチバックは困難だったのだろうか、線路は高度を稼ぐために大きく南へ迂回しているが、地図上で見てもやや怖い(もっとも、中国の成昆線くらいになると別格で、いろんな意味で恐怖であった)。
この区間(大分県・玉来駅~宮地駅間)の開通は1928年(昭和3年)とのこと。
私は立野のほかカルデラ北端の大観峰しか通ったことがないが、外輪山の内外を行き来する道をひと通りストリートビューで見てみると、土木的にはシビアな状況なのだろう。

雑感。
「ボランティア」という名の労働搾取が一般に浸透したのは、バブル崩壊後からだったように思う。
まだ当時はカネとヒマを持て余したひとのやることだった気がする。しかし善意を食い物にする組織や団体が増えたし、またその「善かれと」した意図が「よけいなお世話」であったりもする。
さらに乱立した NPO や NGO といった団体が絡むことも多くなり、構造が複雑。
1964年の東京オリンピックは古き良き時代の五輪だったのだろうが、現代のそれはほとんど別物(カネまみれ、欲望まみれ)の「エンターテイメント」か「コンテンツ」に見える。
ボランティアが殺到するとは到底思えない。