Japonyol » ブログ » CSV ファイルを読み込んで表示するマップ

CSV ファイルを読み込んで表示するマップ

公開: 2024年6月18日, 更新: 2024年6月18日

スマホ向け「現在地を取得し移動の軌跡をトレースする地図」によって取得した CSV ファイルを Leaflet に再現し可視化するツール。

example.csv で試してください。エクセルやテキストエディタでも開けますが内容は次のようになっています

Latitude,Longitude,Timestamp
35.5531243,139.5138674,1718334191847
35.5531272,139.513788,1718334192847
35.5531283,139.513691,1718334193847
.....

一列目が緯度、二列目が経度のカンマ区切りならどんなCSVも表示できます。なお一行目のヘッダーはカットされます。

移動のログは状況や環境により左右されるので精密正確とは限りません。でもドライブレコーダーの Viewer よりカンタン、何らアプリをインストールする必要もなくファイルがサーバーにアップロードされるわけでもなく、お使いのブラウザだけで完結します。
「現在地を取得し移動の軌跡をトレースする地図」の URL は次の QR コード

https://japonyol.net/geolocation.html

徒歩でも電車でも自動車でもお試しを (運転中の操作は危険です)。
サンプルファイルの到着地点はこんな景色

寺家の水田

いまは XMLHttpRequest とか使わなくてもできるのでとてもラク。
Geolocation のこまかい技術的なことは こちらの記事 で書いた。

アオバズク

アオバズク、© 兄氏
住所不定無国籍の渡り鳥。東南アジアで越冬して青葉の季節になると日本へ飛来するようだが、つがいは毎年同じ巣を使用するらしい。
野性のGPSとはスゴイものだ。その脳内にどんなセンサーを持っているのだろう?

japonyol.net