Google Custom Search

野球中継のカメラと判定

  •  updated:

プロ野球中継など見ていると、
実況:「きわどいっ! 判定はボール!」
解説:「いや入ってないですかねぇ~、今の?」
などといったやり取りは、よくある。

昭和のむかし、メインの中継カメラはバックネット裏、捕手の真後ろだった。
いつのころからか、カメラの性能が良くなったのだろう、バックスクリーン横からの望遠映像に変わっていった。

現在、カメラの位置は、実際には「投手の真後ろ」ではない。真後ろでは、プレーヤーの邪魔になるから、どの球場でも、ややレフト側に据えられ斜めに映像を捉えている。
角度はどのくらいなのだろう? と気になっていたので、ざっくり調べてみた。横浜スタジアムの場合

2の角度:

1は凡そのカメラ位置、3は本塁~投手板~2塁の凡そ延長(グラウンドの中心線)。各マーカーは動かせる。1をレフトポール、3をライトポールに動かせば、ほぼ90度になる(むろん航空写真は歪むので、精確に直角とはなりにくい)。
ハマスタのバックスクリーンは幅が小さい。東京ドームや甲子園では、もっと角度が出来るだろうと思われる。

・・・何が言いたいのかというと、6度あまりの角度が、見る人の印象を変える可能性があるだろう、ということ。
また同時に、右利きと左利きでは、リリースポイント(球離れ)の位置が大きく異なるということも思案しないといけない。
さらに、コースだけでなく高低もまた印象にズレが出る、ということも思案しなければならない。
東京ドームなどは、グラウンドレベルよりかなり高い客席のわきにカメラがある。この仰角のズレもまた、相当に繊細なものだと思う。

いかにも日本的な考え方では、選手も審判も「ルールに服従しなければならない」と考えてしまう。これは「はじめに法ありき」の大陸法的な思考方法だが、野球の母国であるアメリカは判例主義なので、陪審員(審判員)の Jadgement が絶対。審判が「シロ」と言えば白であり、審判が「クロ」と言えば黒になる(ルールを上回る存在である)。
だから野球では審判の裁定が絶対であって、それをとやかく言うのは筋違い。よって「誤審」はあり得ない。
コンピュータに審判させれば? という意見も最近は見かけるが、人間がやるからこそ皮膚感覚で面白いのだ、と私は思う。