Google Custom Search

天井川

  •  updated:

「天井川」=堤防内等の砂礫堆積の進行により、河床面が周辺平野より高くなった河川。堤防等により河道の固定化をはかると、堤防内での堆積が進行し氾濫の危険が増す。そこで堤防のかさあげが行われ、河床はさらに高くなり、天井川化が助長される。

天井川イメージ
画像出典=国交省国土技術政策総合研究所

根小屋町常願寺川久江川印沢川浅川小倉川三滝川草津川比良川百瀬川

木津川芦屋川住吉川斐伊川下流飯梨川下流砂川末政川大乗川下流天井川下流大明神川

出典:国土地理院

反対の概念が浚渫なのだろうが、スパンが長すぎてピンとこない。

雑感:昨日、天皇陛下が表明された「お気持ち」について。
昭和63年の暮れからその年明けにかけた時期、世の中の雰囲気は異様なものがあった。TVCMから井上陽水の声が消えるなど「自粛」の雰囲気が満ち社会に停滞感があった。
きっと、あの昭和天皇の崩御の前後の「出来事」は、陛下にとって相当な痛みを伴われたのではないかと改めて思った。
皇室典範は、憲法の施行と同時(昭和22.5.3)に「昭和22年法律第3号」として施行されている。その2年後に総理府設置に伴い些少の改正が入っている。アンタッチャブルなわけでもない、一般法のひとつ。
法理云々の問題は当然あろうけれど、変化を恐れる(または旧守に固執する)ことなく、時代に即した変化を受容するべきではないかと、個人的には思う。