Google Custom Search

航空写真の今昔

  •  updated:

国土地理院「国土画像情報」の中で74-78年の航空写真を見ることができるが、これと最新のグーグルマップのそれを、左右のマップでシンクロさせ対比してみる。

  • 東京ドームができる前は後楽園球場(87年を最後に解体)
  • 横浜みなとみらい、日本丸とドックヤードガーデンを遺したのは英断
  • 横須賀の空母、昔ミッドウェイ、今ジョージ・ワシントン
  • 羽田空港、昔は小さく狭かった
  • 葛西臨海公園やディズニーリゾートは影も形も(当然)ない
  • 西之島、いわずもがな


 

見比べると、私が小学生の頃の日本は、まだまだ列島改造の過渡期にあったのだと思わされる。巨大な橋やダム、高速道路など、70年代には無かったものがたくさん。

余談。もともと私は冬の乾燥肌が悩ましかったが、梅雨が近い今でも痒い。よくよく考えてみると、皮脂が減って肌に潤いがなくなっているせいだ。
スマホやタブレットに指先で触れても反応が鈍かったり、ページをめくるのに難儀したりするのも、このためだ。
中高年のひとたちが、身体をやたらポリポリ掻いたり、指を舐めて本を読むのは、今になって思えば道理であった。
ついでに、「更年期障害」は女性だけのものと私は誤解していたのだが、知人の男性が、十年ほど前に更年期障害を患った。気力や活力を失い、だるくて塞ぎがちになってしまうのだそうだ。
おおむね40歳以降、加齢やストレスなどにより男性ホルモンが低下して発症するとのこと。症状の強弱には精神的要素が大きく関わるらしい。
私の場合、南米での楽天的人生観の影響を受けたせいか、おかしなくらい心身とも健康に恵まれている。
もし「健康の秘訣は?」と問われたら、おそらく「酒とタバコです」と答える。
健康か否かを医者から判断される筋合いはない、自分で決めればよい。
世間の風潮に乗って酒もタバコもやめたなら、途端に病の床に臥す気がする。