航空写真の今昔

トップ » ブログ » 航空写真の今昔
公開日:2015-06-05 更新日:2021-05-11

国土地理院「国土画像情報」の中で74~78年の航空写真を見ることができるが、これと最新のシームレス画像を、並べてシンクロさせ対比してみる。

  • 東京ドームができる前は後楽園球場(87年を最後に解体)
  • 横浜みなとみらい、日本丸とドックヤードガーデンを遺したのは英断
  • 横須賀の空母、昔ミッドウェイ、今ジョージ・ワシントン
  • 羽田空港、昔は小さく狭かった
  • 葛西臨海公園やディズニーリゾートは影も形も(当然)ない
  • 西之島、いわずもがな

見比べると、私が小学生の頃の日本は、まだまだ列島改造の過渡期にあったのだと思わされる。巨大な橋やダム、高速道路など、70年代には無かったものがたくさん。

余談。もともと私は冬の乾燥肌が悩ましかったが、梅雨が近い今でも痒い。よくよく考えてみると、皮脂が減って肌に潤いがなくなっているせいだ。
スマホやタブレットに指先で触れても反応が鈍かったり、ページをめくるのに難儀したりするのも、このためだ。
中高年のひとたちが、身体をやたらポリポリ掻いたり、指を舐めて本を読むのは、今になって思えば道理であった。

地図蔵 Articles