Google Custom Search

得撫島と宇志知島

  •  updated:

得撫島(ウルップ島、Urup Island)。もともと日本領で、北海道千島国得撫郡に含まれていた。現在は「帰属未定地」というのが日本国のスタンス。大自然が残っているらしい無人島。
旧参謀本部・陸地測量部「床丹」「伸津崎」「大三頭山」「鳥ノ尾崎」「宇志知島」(昭和11年)を各々一部載せた(Stanford University Libraries より)。

透過:      

得撫島の西端(蓬莱野)には廃村らしきや道路のトレースを見ることができる。
東端の烏ノ尾岬は最大のラッコ生息地。近くの東雲原にはソ連当時の建造物群がある(飛行場、防空レーダー基地、測候所、灯台など)。
付近の小さな島嶼には、旧日本軍のトーチカが遺っているそうだ。
また、火山特有の地形をあちらこちらで認識できる。

得撫島よりさらに北東へ約240kmにある宇志知島(ウシシル島、Ushishir)。南島の暮田湾(カルデラ湾)は絶景で、湾の東岸に温泉が湧出しているらしい(参照)。
ただし千島アイヌにとっての聖地であり、海霧の名所でもあるとのこと。

余談。これまでさんざん、トランプ大統領のことをバカとか書いてきたけれども、これは誤りだった。
正しくは「異常者」と言うべきだった(内面の特定の部分を病んでいる)。お詫びして訂正します。