Google Custom Search

交通事故死者数

  •  updated:

昨日、警察庁が2014年の交通事故死者数を発表した。
全国で合計4,113人、2013年(平成25年)に比べ260人の減少。割合にして5.9%。
都道府県別では、ワーストが愛知。次いで神奈川。次のマップで各都道府県をクリック

私が自動二輪免許を取った昭和61年(1986年)の死者数は9,317人だから、半減におよそ30年かかった勘定。さまざまな理由があると思われるが

  • 原付バイクのヘルメット着用が義務化されたこと
  • バイク人口そのものが縮小していること
  • 環境規制のもとエンジンパワーが抑制されたこと
  • シートベルトの着用が義務化されたこと
  • オートマチック車の割合が増えているであろうこと
  • エアバックをはじめとする安全装置・性能の飛躍的な向上
  • 道路交通法の罰則強化

といったあたりが要因か。尤も、この数字は限りなくゼロに近づけなければいけないし、安全運転を心がけないといけない。
また、罰金や減点という法的抑止力の強化が有効に作用することも証明している。