Google Custom Search

高校卒業予定者の就職内定状況

  •  updated:

文部科学省が、高等学校卒業予定者の就職内定状況に関する調査結果を発表した。
来春、高校を卒業する全国の総数は1,074,131人。うち就職希望者の総数は193,003人、内定者は137,182人。率にして71.1%、前年同期比7.0ポイントのプラス。
上昇は5年連続で、2008年のリーマン・ショック前の水準を超え、1994年以来20年ぶりの70%台。最近の景気回復基調を受け、企業の求人件数が増えたとの由。
都道府県別にマッピング。


内定率は富山の87.6%が最も高く、愛知83.6%と続いている。
最も低いのは沖縄の36.7%、次いで北海道52.2%。
内定者が多い愛知、トヨタのお膝元ならではといえようか。
進学より就職を選ぶ割合が最も高いのは佐賀で32.5%、次いで青森。逆に就職志向が低いのはやはり東京(6.6%)。

さて、あちらこちらで一年の総括が始まった。個人的には、高倉健さんが亡くなったのが残念。報道などを見ると、私生活は謎だったようだが、やはり公私は別だったろうと思う。本名「小田剛一」さんは、俳優「高倉健」さんを演じ続けたに相違ない。
「人生というものは、その大部分が演技であるような気がする・・・」と私は12年前ブログに書いた。今もこの考えに変化はない。誰でもみな俳優だと思う。