Google Custom Search

11月までの犯罪統計

  •  updated:

警察庁が、平成26年1~11月の犯罪統計を発表。そのうち都道府県別の「重要犯罪・重要窃盗犯」の認知・検挙件数、検挙人員、対前年比較をマップに示してみる。
暫定値であり、確定版は平成27年2月1日に発表されるとのこと。

全国の合計は、認知件数13,041件(前年同期比マイナス3.2%)、検挙件数8,991件(前年同期比プラス3.1%)、検挙人員6,864人(前年同期比プラス0.8%)、検挙率は68.9%(前年同期比プラス4.2%)となっている。
検挙率がもっとも良いのは大分県で100%、もっとも低いのは富山県で41.9%。

景気が良ければ犯罪が減るのは道理だが、時代と共に犯罪の質が変わって、家族内の事件が増えているように思う。