Google Custom Search

福岡市営地下鉄、道路陥没事故

  •  updated:

博多駅前二丁目交差点西側で起きた件、NATM(New Austrian Tunneling Method)工法で工事が進められていたとのこと。
現場は、もともと那珂川と御笠川に挟まれた水田地帯であったことが、古い地図や空中写真から分かる。

横浜の杭が沈んで傾いたマンションも、鶴見川に近い水田跡に建てられていた。
広島に地下鉄がないのは三角州であるため、とのこと。
日本の湿潤な平野部で、山岳トンネルの技法をそのまま敷衍することは、相当な困難を伴うのだろう。