Google Custom Search

逆走マップ

  •  updated:

NEXCO各社が「高速道路における逆走の発生状況と今後の対策(その2)」を発表した。ゴールデンウィーク、安全にドライブ・旅行するために読んでみると、

  • 逆走事案の約半数はインターチェンジ(IC)ジャンクション(JCT)で逆走を開始
  • 64歳以上の高齢者によるものが約7割
  • 認知症の疑いのある人が約1割、精神障害や飲酒などの状態の人を合わせると約15%

具体的な対策として、分かりやすい案内や注意喚起、ポール設置などにより逆走しにくい構造とするほか、入口一般レーンへのバー設置などを施すとのこと。
以下の地図に示した箇所は、つまり、逆走事故が発生した地点(またはその進入箇所)でもある。




おそろしいのは、運転すること自体に不安を感じなくなるような「慣れ」だと思う。最も大切なのは「上手く速く」走ることではなく「確実に止まれること」だとも思う。