Google Custom Search

2018年の公示地価

  •  updated:

平成30年地価公示は全国25,988地点を対象に実施され、本年(平成30年)1月1日時点の地価動向として、

  • 【全国平均】住宅地平均が10年ぶりに上昇、商業地及び全用途平均は3年連続で上昇
  • 【三大都市圏】住宅地・商業地平均ともに各圏域(東京圏・大阪圏・名古屋圏)で上昇
  • 【地方圏】商業地平均が26年ぶりに上昇、全用途平均でも26年ぶりに横ばい

住宅地平均は下落幅縮小が継続。背景として、全国的に雇用・所得環境が改善する中で、利便性の高い地域を中心に住宅地の地価が回復していること、外国人観光客の増加による店舗・ホテル需要の高まり等を背景に商業地の地価が総じて堅調に推移していることが挙げられる、と国交省は発表している。

前年比10パーセント以上上昇した地点(442地点)を赤、5パーセント以上下落した地点(189地点)を青で示してみる。

出典=国土交通省「国土数値情報

全国の公示地価&基準地価マップもアップデートした。

オマケ。横浜のサクラ。

サクラ#1

年年歳歳花相似
歳歳年年人不同

サクラ#2

といいつつ、私は梅のほうを好む。