Google Custom Search

国宝と重要文化財

  •  updated:

重要文化財が行方不明となるケースが増えているとの報道が先ごろあった。個人が所有する約800点について文化庁が確認調査を行ったところ、半数ちかくの所在が分からない、というもの。これは美術品のハナシだが、国外に流出したら遺憾。
所有者が手放す意向があれば、妥当な価額で国が買い取るべきだろうと思う。少なくとも、早急に文化財保護法ないし施行令の改正を要するはずだ。

文化庁の「国指定文化財等データベース」から、「国宝・重要文化財(建造物)」の一覧を CSV でダウンロードして、地図にプロットしてみる。美術品と違って行方不明となり得ない。焼失や毀損の惧れはあるが。

national-treasures

国宝と重要文化財の一覧地図

とはいえ、私は歴史に弱く、関心も薄い。
今年、高校生の娘が沖縄へ、中学生の息子が京都・奈良へ、それぞれ修学旅行に行くので、あらかじめ作っただけである。どうせ事前に宿題が出されるに決まっている。