Google Custom Search

京都市の用途地域と公示地価

  •  updated:

京都は地価がよく伸びている。
外国人観光客の増加による店舗・ホテル需要の高まりなどを背景に、商業地の地価が総じて堅調。
用途地域と今春の公示地価を併せマップに描画。工業地域の指定が意外に多いのだな

出典: 国交省国土数値情報(用途地域データ【京都府】平成23年度)
※本データは縮尺1/2500の都市計画図ではなく縮尺1/25000の都市計画総括図をデータ化されたものであり、 誤差を含んでいますので、精緻な作業には使用しないでください。詳細な情報については各地方自治体にお問い合わせください。

全国の公示地価&基準地価マップも参照を。
また用途地域は東京のほか神奈川、埼玉、千葉、愛知と大阪を用意。

余談。
首都高速神奈川7号横浜北線が東名まで延伸される「環状北西線」の横浜青葉IC付近。
半年前は橋脚だけだったが、進捗の早さよ。
横浜環状北西線、横浜青葉IC付近

大学で土木を専攻する息子の課題のため見に行った。
開通すれば保土ヶ谷バイパスの交通量が減るだろう(しかし東名が事故等により通行止めの場合は、国道246号が悲惨なことになるだろう)。