Google Custom Search

2013(平成25)年の公示地価マップ

  •  updated:

昨日3月21日、国土交通省は本年1月1日時点の公示地価を発表。アベノミクスの影響などから、大都市の地価は、ほぼ下げ止まり。
1都3県の7032地点(東京都2606件、神奈川県1821件、埼玉県1317件、千葉県1288件)のデータを、この最新版に更新した地図。価格ごと、また住宅地か商業地かも振り分け。
※3月25日、愛知県、関西圏(京都府、大阪府および兵庫県)、福岡県も追加。
※3月29日、北海道、東北 3 県(岩手県、宮城県、福島県)および広島県も追加。
※4月6日、結局 47 都道府県すべて掲載。

Land-Price
公示地価マップを新しいウィンドウで開く

国交省「国土数値情報」から。
神奈川では、横浜よりも川崎駅や武蔵小杉駅周辺が上昇傾向とのこと。消費増税前の駆け込み需要もあろうけれど、実需のないバブル傾向にならないことだけ祈る。

おまけ、選抜高校野球が開幕。今シーズンからのルール改正で、投手は、つま先やかかとがプレートからはみ出しても良い、ということになった。
またバウンドして 1・3 塁ベースをまたぐ際どい打球の判定方法も変わった(バッグ上の空間を通過したと審判が判断すれば、たとえボールの着地点がファールゾーンでも、フェアになる)。
アメリカでは、今シーズンから、投手がプレートに触れたまま 3 塁へ偽投すれば、ボークになる。これは、1 年後に日本でも適用されるはず。