Google Custom Search

JSON でポリゴン: Select

  •  updated:

前回の続き、オープンデータ等を利用した地図を作るに当たっての課題。
1.45MB に及ぶ Javascript ファイルから指定のポリゴンを抽出し描画してみる。
データ出典は国交省国土数値情報の行政区域データ。一部に瑕疵があったので、修正のうえ使用した。

配列に収納し、任意のキーにマッチするものを push するという単純な理屈。

var wards = []; ..... for (var i = 0, length = tokyo.length; i < length; i++) {   var data = tokyo[i], points = data.points;   var ll = points.split(' ');   var pts = [];   var objeto = document.getElementById('elegir').value;   for (var a = 0; a < ll.length; a++) {     if (objeto == data.id) {       var loc = ll[a].split(',');       pts[a] = new google.maps.LatLng(parseFloat(loc[1]), parseFloat(loc[0]));     }   }   var ward = new google.maps.Polygon({path: pts, (...options...), map: map});   wards.push(ward); .....

余談。
はじめに法ありき
中国の防空識別圏設定に比べ、韓国の KADIZ 変更については各国とも「問題なし」との対応。
中国は、法治国家ではなく、党治国家である。はじめに党ありき、この差だと思う

みんなの党、分裂
やはり立党の際にネーミングを誤った。渡辺美智雄と橋本龍太郎が草葉の陰で号泣

東国原英夫衆院議員、維新を離党し議員辞職
英断だ。国益にかなう。お笑いタレントに戻るのがふさわしい