Google Custom Search

インフルエンザ流行マップ(2014年第48週)

  •  updated:

例年よりやや早くインフルエンザの流行が始まった。厚生労働省の発表(5日)によれば、定点あたり報告数が1.90(定点数=全国に約5,000ヶ所、報告数=9,396)で、流行開始の目安としている1.00を上回ったことから、流行シーズンに入ったという認識。
都道府県別では岩手県(10.52)、福島県(6.41)、埼玉県(5.05)、神奈川県(4.04)、東京都(3.62)、千葉県(2.90)、奈良県(2.67)の順。

「子宮頸がん予防ワクチンを接種しましょう・・・」というキャンペーンがはられたとき、わが家では無視した。娘が拒んだのもあるが、それより製薬業界と官庁の結託が見える気がしたからだ。
案の定、その後さまざまな副作用が告発され、すっかり沙汰止みの状態にある。
今回は、高校受験を控える息子にインフルエンザの予防接種を受けさせた。このへんの取捨選択は、親が責を負うべきものだろうが、容易でない。