Google Custom Search

ドローン、湯河原、北朝鮮

  •  updated:
  • 萩原流行さん交通事故の件、3車線の中央をバイクで走るのは、やはり怖い
  • 官邸にドローンが墜落した件、規制の立法が喫緊の課題
  • 湯河原の事件、現場の隣のパチンコ店に防犯カメラがあるのがストリートビューで見える
  • 韓国・延坪島の近く、北方限界線(NLL)から約2.5km北方にあるにある無人島「葛島(カルト)」に北朝鮮が軍事施設を作ろうとしている件、キナ臭い
  • バイクは、排気音の規制がされてから静かになったのは間違いないが、その存在が認識しにくくなって危険は増したかもしれない。ハーレーも昔より排気音が小さくなったような気がする。車もまた、静かで自己主張しないプリウスやアクアが走っていると、気づきにくい
  • ドローンの問題を、航空法の範疇で(Z軸の概念で)捉えるのは適当でない気がする。これは危険をはらんでいる物件なので、銃刀法の如く届出義務を課するなどの措置をとるほうが良いように思う。官邸の北~東~南(議員会館、議事堂や内閣府)の方角から操縦したとは考えにくいので、おそらく、西の溜池山王(山王パークタワーかキャピトルホテル東急)の陰から飛ばしたのではないのか
  • 湯河原の犯人検挙に時間はかからないだろうが、最近は防犯カメラの映像が検挙の決め手になるケースが多い。街中がカメラだらけになる監視社会が実現するようになるのだろう
  • 北朝鮮についてはこちらも参照: 北朝鮮の地図