Google Custom Search

ワイン国別輸入量(2015年)、帆船エスメラルダ

  •  updated:

日本とチリの経済連携協定(EPA、いわゆるFTAよりも包括的な協定)が2007年に発効してから、チリ産ワインの輸入量が大きく伸びている。財務省の2015年分統計発表(1月28日)で、30年以上にわたって1位を維持してきたフランスをも逆転した。
フランスからの輸入量は前の年より2.7%減って5151万リットルだった一方、チリからは18%増えて5159万リットル。3位イタリア、4位スペイン、5位米国。
上位40カ国をマップに図示すると以下の通り(累計金額では、さすがに単価の違いでフランスが突出している)。

  

出典:財務省貿易統計 2016.Jan.28

年間70~80本のチリ産ワインを10年以上にわたって呑み続けている私に言わせてもらえれば、1500~2000円程度のクラスがもっともコストパフォーマンスが高いと思う。銘柄でいえば、モンテス・アルファなど。
数あるチリワインの中でも、日本に輸入され一般に販売されているものは、ごく一部に過ぎない。次の写真は、チリの知人から直接送って貰ったデ・マルティノ(De Martino)のカベルネ。

de_martino

次も新興ワイナリ、アパルタグア(Apaltagua)とコノ・スール(Cono Sur、一部は日本でも容易に買える)のシャルドネ。

apaltagua_conosur

チリで瓶詰め(Embotellado en Chile)されたものは実はさらに美味い。伝統あるディフェンシヴ銘柄、Errazuriz や Cousiño Macul といった老舗を選べば損はしないと思う。
また日本で1000円以下で売られているもの(Gato Negro など)は、チリでも水より安く売られているので、つまり水を飲む感覚で呑めばよいと思う。少なくとも私はチリに住んでいた頃、麦茶みたいな感覚で呑んでいた。
今は、カベルネやメルローなどの赤でも(気候が違うから)冷蔵庫で冷やしてコップで呑む。

逆にチリにおける日本製品(自動車や家電製品など)は EPA の効果が薄く、中国や韓国に押され相対的なプレゼンスが低下している。また銅の国際価格が低下しているので、モノカルチャー国家であるチリの経済が、今後芳しくない傾向に陥るのは必至。

帆船エスメラルダ

チリ海軍の練習帆船エスメラルダ(Buque Escuela Esmeralda)が今年、久しぶりに日本へやって来る。ダマ・ブランカ(白い貴婦人)の異名を持つ有名な帆船。
バルパライソを6月12日に出発、イースター島とホノルルを経て8月26日に東京に到着、同月30日に出港という日程になっている。その後は釜山、上海、バリ島、シドニー、オークランドとタヒチを巡り、2017年1月8日チリに帰国する予定。
2002年に横浜に寄港したときに私は初めて乗船し、そのときに貰ったポスターはまだ貼ってある。FTA締結交渉の機運が高まっていた2004年には東京・晴海(上の写真)に来て、船上での関係者パーティーに参加した。その後にも一度来日したが機会がなかった。
今回は是非、見に行こうと思う。