Google Custom Search

住宅・土地統計調査2:広さ

  •  updated:

総務省が発表した平成25年住宅・土地統計調査の速報値から、その2。
一住宅当たりの居住室数、その畳数、延べ面積、ひとり当たり畳数、一室当たり人員数を都道府県別に表示。
色が濃いほど狭く窮屈、ということになる。

住居空間に余裕があるのは、秋田、富山など東北・北陸地方。
逆に狭小なのが沖縄、東京、神奈川や大阪。
沖縄は意外な気がした。行ったことがないので判らないが、単に土地が限られるという理由だけではないだろう。琉球文化の建造形あるいは台風対策などの点から、質実な造りの平屋建てが多いようなイメージがある。