Google Custom Search

北海道新幹線のルート Revised

  •  updated:

来年度末に開業予定の北海道新幹線ルートマップを以前描いたが、北海道のHPには新函館から札幌までの延伸区間の図面もあったので、書き足した。
この区間(地図上では赤い線)は、平成47年度(2035年度)までの開業を予定しているとのこと。

※追記:2014年6月11日、JR北海道は、2016年春に開業予定の北斗市の駅名を「新函館北斗」に、青森県今別町に設置する新駅は「奥津軽いまべつ」に決定したと発表。

※追記:2015年8月12日、新青森~新函館北斗の開業は2016.3.26に固まったとの報道。全国の鉄道路線図も参照。

20年後の日本ならびに北海道の経済がどういう状態になっているか想像は難しいが、少子化や人口の極点的な集中は不可避だろうし、渡島・後志の地域を振興するような産業も見当たらないように思われる。開通による劇的な経済効果があるとは考えにくい。
仮に東京発札幌行の新幹線が運行されるとしても、航空機に伍する利便性が担保されるわけではなかろうし、その経営責任と利潤をJR北海道1社に帰するわけでもないのだから、地方公共団体としての「北海道」の力量も問われることになるか。

あわせて参照: 九州新幹線西九州(長崎)ルート北陸新幹線のルートリニアの駅とルート

車両は、JR東日本のE5系をベースにしたH5系というのを製作するとのこと。
色は、上が緑、下が白、これらの境の線が紫。
いっそのこと初心に帰って、旧国鉄のツバメでもあしらったらいいのだが。

ところで、都会では巣立つツバメの数が減っているそうだ。実際、ほとんど見かけない。
ハトやカラスは多いが、最近、彼奴らは野性を忘れたのか、距離のセンサーが鈍くなったのか、接近しても逃げるのが遅い気がする。車の運転中に衝突しそうになることが、ままある。