公示地価の大幅下落地点

Home » Articles » 公示地価の大幅下落地点, published: 2019-03-28 (updated: 2019-12-22)

国土交通省が先週、公示地価を発表した。
報道では、どうしても上昇した地点に焦点が当たる傾向がある。そこで当方では、あえて下落した地点を見てみる。
「対前年比」という短いスパンでは平凡なので、20年前(1999年)と比較し、大幅に下落(75%以上)している地点をマップに示す

地方に集中するかと思っていたが、データベースから php で抽出してみたら、あんがい全国各地まんべんなく落ちている。政令指定都市も例外でない。
だからといってネガティブに捉えるのは誤りだろうと思う。むしろ正常ではないか?
人口も世帯数も減る国にあって、高騰するほうがオカシイ気がする(そもそも日本の土地は高すぎる)。
全国の公示地価&基準地価マップも更新した。