Google Custom Search

人口増減率

  •  updated:

総務省が2013年10月1日現在の推計人口を15日に発表した。総人口は前年比217,000人(0.17%)減って1億2,729万8千人、14歳以下の年少人口は過去最低の12.9%。しかし65歳以上は25.1%、4人に1人以上は老人ということになる。
前年比人口増減率をマップに示してみる。
増えた上位は東京、沖縄、愛知。減ったのは秋田、青森、山形。

その他のデータを配列に放り込んでソートしてみる。

人口が減っていくということは万事が縮小傾向に入るということだから、地方の不動産などは低落していくのが自然なはず。景気が回復基調だからといって地価が高止まりしているというのは、微妙な示唆を含んでいるように思う。