地図蔵 ▷ 2012年までの記事「Data Visualization with Symbols」

Data Visualization with Symbols

(2012年6月28日)

Google Maps には、V2 のころ Mike Williams 氏による epoly.js というPolyline と Polygon を操る便利なライブラリがありました。現在のV3でもこのように使えるのですが、

Google Geo Developers Blog: Powerful data visualization with Symbols and Heatmaps in the Google Maps API

さまざまなシンボルを用いたデータ・ビジュアリゼーションが可能になったとのことです。

データ量次第では負荷を強いられますが、表現技法の拡大が見込まれます。