地図蔵 ▷ 2012年までの記事「融通無碍」

融通無碍

(2009年10月19日)

★鳩山新政権が発足して1ヶ月。国のOSがウィンドウズからマックに変わったようなものか。まだアプリが機能しきれていない(行政手続面で操作に慣れていない)みたいな。

★上高地はもう紅葉のピークらしい。行きたいが行けないので西糸屋山荘さんのライブカメラで我慢。

Kamikochi

★質素・質実な暮しに変わりはないけれど、そろそろ地デジ移行・テレビ買い替えを考えなければならない。けれど、テレビをほとんど見ない(古舘も田原も鬱陶しい、爆笑問題など論外、見るのはMLBと笑点くらい)。だから、買い換えも億劫。
ある米国人の、「インフォメーションとエンターテイメントがゴチャ混ぜになっている。ニュースは、もはやファストフード化している」との指摘は、日本も同じ。
テレビを見ない、雑誌も読まない。かくして、だんだん仙人みたいになっている41歳の秋。

¿Qué será, será...?
不景気の折、年末は厳しくなりそう。わが家も補正予算凍結で地デジどころじゃない。

★先日、6年生の娘から「分数の割り算は分母と分子を逆にして掛ける、これはなぜ?」と問われた。
ん? それはね・・・と沈思黙考

なぜだ!?・・・とうちゃんは算数が苦手なんだよ判んねぇよ

★理屈や論理はどうでもよい。軽やかに、楽観してよろしい。

★その娘は元気パンパンなのだが、先週インフルエンザによる学級閉鎖。「とにかく外に出るな」という按配で、禁錮6日。
このへん、小中学校の校長の裁量ではなく横浜市教育委員会の通達なり通知が出ているのだろうけれど、過剰反応の感が強い。事なかれ主義・官僚主義の対応措置が腹立たしい。
反面、頑丈・健康な子どもを育てようという施策は見当たらない。