地図蔵 ▷ 2012年までの記事「チリのサッカー選手」

チリのサッカー選手

(2008年11月24日)

スポーツ選手というのは、ときどき真顔で巧まざる笑いを誘う発言をする。以下は、ちょっと昔の実話(すべてテキトー意訳)。
元チリ代表 Pedro González 選手が飲酒運転で捕まったときの弁、

Tuve que tomar vino, porque comí mucho cerdo
豚肉をたくさん食べたから、ワインを呑まなきゃいけなかった

Frank Lobos 選手がチリ・ユース代表として米国へ遠征する際の記者会見で、

Estoy muy emocionado porque no todos los días se viaja a Europa.
とても興奮しているよ。ヨーロッパなんて、そうそう旅行できないし

彼は後年、ヨーロッパの水戸ホーリーホックにも所属。

チリ代表チームが中東の某国へ向かう機内。Lukas Tudor 選手(当時カトリカ所属)が、出入国カードの「Religion」(宗教)欄に、「Católica」と記入した。
それを見た Aníbal Pinto 選手(当時メリピージャ所属)は、「Religion」欄に、こう書いた。
「Melipilla」

サッカー即ち是れ宗教。
98年W杯に出場した小柄な「こうもり」、Francisco Rojas 選手に至っては、

有名人としての振る舞いを尋ねられ、

Bueno, ya sé que formo parte del best seller chileno...
「チリ人ベストセラー」のひとりだから・・・

99年、代表チーム中米遠征。記者からホンデュラス代表の感想を求められたパンチョ、

Y bueno... Siempre es positivo jugar con rivales europeos.
そうね、欧州勢と戦うのはいつだって楽しみだよ

同様の地理知識を発揮するパンチョ、

la garra charrúa de los paraguayos.
パラグアイ人のウルグアイ軍団・・・ ※注:charrúa はウルグアイ人のこと

家族愛も発揮するパンチョ、

Estoy contento, porque mi perrita tuvo perritos míos.
満足です、僕のイヌ(♀)が僕の子犬を産んだし

Saludos a mi señora que está embarazada de mí.
(インタビューで)僕のを妊娠してる妻に・・・

代表のほかコロコロやオーストリアのクラブでも活躍したパンチョ、

El equipo juega igual conmigo o sinmigo.
僕がいてもいなくてもチームは同じ ※注:sinmigo などというスペイン語は、正式にはないはずだ

私がチリに住んでいた頃は、こうしたイロモノ選手が多かったし、Pedro Carculo 氏や Julio Martínez 氏ら評論家もバリバリで放言を尽くしていたから、サッカーが面白くないはずがなかった。
今はどうだか分からない。