地図蔵 ▷ 2012年までの記事「結婚前と結婚後」

結婚前と結婚後

(2008年1月 5日)

在カナダ、セルヒオさんのユーモア作品をテキトー翻訳

Antes del matrimonio: 結婚する前:

ÉL : ¡Sí!, Por fin. Que duro fue esperar. 彼: あぁ、やっとだ! 待ちくたびれたよ
Ella : ¿Quieres dejarme? 彼女: 私を捨てたい?
ÉL : NO! Ni siquiera lo pienses. 彼: ノー! 考えたこともない
Ella : ¿Tú me amas? 彼女: 私を愛してる?
ÉL : Por supuesto, una y otra vez 彼: もちろんさ、いつだって
Ella : ¿Alguna vez me has sido infiel? 彼女: 浮気したことある?
ÉL : Noo! ¿Cómo te atreves siquiera a preguntar eso? 彼: ノー!何てこと聞くんだい?
Ella : ¿Me besarías? 彼女: キスしてくれる?
ÉL : En cada oportunidad que tenga 彼: あぁいつだって
Ella : ¿Te atreverías a golpearme? 彼女: 私を殴ることなんかあるかしら?
ÉL : ¿Estás loca? No soy ese tipo de persona 彼: 何をバカな? 僕はそんなタイプじゃない
Ella : ¿Puedo confiar en ti? 彼女: あなたを信じていい?
ÉL : Sí 彼: あぁ
Ella : ¡Mi amor! 彼女: ミ・アモール!

Después del Matrimonio: 結婚した後:
Lea de abajo a arriba 下から上へ読む

ラテン男のマチズム丸出し。

さて、うちのカミサンは、Azul という偽名でブログをやっている。なんで azul(スペイン語で「青」の意味)なのかというと、私もカミサンもまったく覚えておらず、場当たり的に適当につけたらしい。そしてどこかの国の誰かが、「じゃ旦那さんは Azulón かしら?」と書いてきた。アスロン。

現状の私の「editor」というのも、職業名に過ぎず馬鹿げた偽名だ(これも場当たり的に適当につけただけ)。変えたいと思う。「貴花田 改め 貴乃花」とか「林家喜久蔵 改め 林家喜久扇」みたく。

しかし私は、爽快で清澄な「青」というイメージにはほど遠い。「editor 改め Azulón」では少し違う。色に例えるなら腹の中からして「黒」だが、「ネグロン」ではまずい。「・・・verde かな」と言ったら、カミサンが「いやー」と嫌がって、「だったら viejo verde のほうがまだ・・・」

・・・(反省中)・・・

しばらく、名無しの権兵衛ということで。どのみち、このブログを書いている私は私でない。