地図蔵 ▷ 2012年までの記事「離婚」

離婚

(2007年4月25日)

私のハナシじゃなくて、男と女の虚虚実実。
まず、メキシコのアントニオさん作品「弁護士」(実話?)

El abogado de divorcios a uno de sus clientes:
-Referente a su caso, tengo una noticia buena y otra mala. ¿Cuál quiere oir primero?
-Pues... la buena.
-Su esposa no va a pedir que se repartan las herencias que usted reciba tras el divorcio.
-Ah, bien... ¿y cuál es la mala noticia?
-Se va a casar con su padre.

離婚担当の弁護士が顧客に言った。
「あなたの件ですが、善い知らせと悪い知らせとがあります。どちらを先に聞きたいですか?」
「じゃあ、善い方から」
「あなたの奥さんは離婚にあたり財産の分与を求めていません」
「あぁそう・・・で、悪いほうは?」
「彼女はあなたの父親と再婚します」

ラテンアメリカではあり得そうな・・・・次はウルグアイのイサベルさん作品「ケチ」(実話?)

Había una vez un tipo tan tacaño, pero tan tacaño, que un día iba con su novia paseando y pasa por frente de un restaurante, y su novia dice:
-¡Que rico olor!
Y el novio le dice:
-¿Quieres pasar de nuevo?

とあるケチな、すごくケチな男が、彼女と散歩中にレストランの前を通った。彼女が言った。
「おいしそうな匂いだわ!」
男は応えた。
「もういちど前を通る?」

「Había una vez un(a) *** tan *** pero tan *** 」は、チステの常套句。