地図蔵 ▷ 2012年までの記事「サゲがない」

サゲがない

(2007年1月20日)

★ 小噺やチステ(スペイン語のユーモア話)は、極端に現実離れした絵空事では面白みがないし、かといってあまりにリアルな話では、「シャレにならない」。
★ 次にテキトー翻訳したフアンさん(チリ人)の作品は、最後のひとことがサゲになっているけれど、

-¿Hola, mi reina? ¿Cómo estás, mi amor? ¿Bien?
-Sí ¡muy bien!...
-¿Los niños están bien?
-No te preocupes amor, están de lo mejor...
-Perfecto. ¿Almorzaron?
-Sí, almorzaron muy bien.
-¿Si? !Qué bueno! Dime, preciosa ¿qué cocinaste para la cena?
-Lomo a la pimienta...
-¡Mi plato preferido!... ¡Te adoro divina!
siempre complaciéndome... Y dime... ¿todo tranquilo en casa?
-Todo bien, te espero con la comidita caliente y luego el postre que tanto te gusta (en tono malicioso)...
-No me digas esas cosas, nena, que me dan ganas de volar hacia allá ahora mismo... ¿Me prometes que esta noche te pones ese baby doll que tanto me gusta?
-Como mandes, dulzura, sabés que soy tu esclava...
-¿Sí? Gracias cosita, por eso te quiero tanto...
Bueno amorcito, ahora pasame a mi señora un momento, ¿si?
-Patronaaa!!!! la llama el Ingeniero!!!

「やあ、わが女王様、どうだい愛する人よ、元気?」
「えぇ、おかげさまで」
「子供たちも大丈夫かい?」
「心配しないでダーリン、元気よ・・・」
「完璧だ、昼食は?」
「よく食べたわ」
「そうか、すばらしい! 教えてくれないかハニー、夕食には何を用意したんだい?」
「ステーキよ」
「僕の好物だ! すばらしい人だ! いつも僕を喜ばせてくれる・・・ところで、家はすべて順調かい?」
「もちろんよ、暖かい夕食と、あなたの大好きなデザートが待っているわ(コケティッシュに)」
「そんなことをを言わないでくれベイビー、いますぐ飛んで帰りたくなってしまうじゃないか。今夜は僕の大好きなベビードールを着てくれると約束してくれるかい?」
「言うとおりにするわ、あなたの奴隷だって知ってるでしょ・・・」
「本当に? ありがとう! だからキミが大好きなんだ・・・それじゃ愛しい人よ、女房とちょっと代わってくれるかい?」
「奥さまー!! 旦那さまからお電話ですよ!!」

★ ラテンアメリカでお手伝いさん(家政婦さん、Nana、Mucama、Sirvienta)の存在というのは非常に大きく身近な存在であり、このハナシがノンフィクションだとしても、ちっとも珍しくない。おおいにあり得るハナシなので、「シャレにならない」。

¡Papá, papá! en el colegio me ignoran.
¡Papá, papá! ¡Paaapááááááá!

「パパ、パパ! ぼく学校で無視されちゃうよぅ!
パパ! お父さんってば! パパァァァァァァァァ!」

★ これはアルゼンチンのハヴィエルさん作品。南米では「落ち」になるかもしれないが、イジメや育児放棄が蔓延している日本では、「シャレにならない」。