地図蔵 ▷ 2012年までの記事「散髪」

散髪

(2005年6月19日)

★ 父の日ということでベルトをプレゼントしてもらいました。これまでのベルトは18歳のときにもらったもので、もう19年目。いつ切れるか? という状態でした。今度のも、きっと20年くらい使うでしょう。ありがたいことです。
★ さて、汗かきなのでさっぱり散髪に行きました。チョキチョキ切られる間、かつての光景がフラッシュバック。いくつかの国で散髪してきたワケですが……

★ 1991年、タイのバンコクの理髪店。なんでか女性ばかり、しかも椅子ではなく病院の診察台みたいなのに寝かされて身振り手振りで適当に切ってもらいました。後で知ったのは、タイの床屋というのは淫靡な裏の顔があるとか。しかし言葉が解らんので、何事も起きませんでした。
★ 1995年、当時レアルでプレーしていたイヴァン・サモラノを見るため、スペインのマドリードへ。スタジアム(Santiago Bernabeu)近くで、サッカーの試合開始までのヒマツブシにチョキチョキ。ホモみたいな兄ちゃんと会話しつつ髪を切ってもらうものの、「チリ仕込みのスペイン語はスペインで通用しない」、という事実を身をもって(頭をもって)知ることに。
★ 1992年、カナダのヴァンクーバー。迂闊にも日本人の店に入ってしまいました。無難にチョキチョキ。しかし空虚感が残りましたよ。「わざわざ外国まで来て何で日本人の店に?」というバカらしさ。
★ お国柄が最も出たであろうと思われるのは中国の上海のバンドにあった上海大廈(マンション)の床屋。言葉が通じないので適当に頼んでチョキチョキ。鮮明に覚えておりますが、開始からわずか5分弱、「ワンラ(完了)」。
大陸的というのかナンなのか、その郷土料理並みにもう少し周到にやったらどうだ? と言いたいくらい、あっという間の出来事でした。これまでの最短記録、1990年。
★ チリはサンティアゴ。地下鉄 El Golf 近くから Los Leones の螺旋状ビルへ移った、Alejandro の店。いつも Tincazoo や Loto、PollaGol などでヒマツブシしていたアレハンドロおやじ。いつもいつもありがとうございました。宝くじ、当たったかなぁ?
★ 床屋というのも宝くじみたいなもんですな。