Google Custom Search

最古の三角点

  •  updated:

約11万もの測量基準点が全国にあるが、そのうち最古(明治15年)の5点を巡回した。2年前に

三角測量の原点:相模野基線

を書いたが、遅ればせながら、これを辿ってみた。

1. 一等三角点「鳶尾山」
愛川町八菅山から(町道か林道かは知らないが)アプローチ、「やなみ峠」でアシ(PCX)を停め、鳶尾山頂まで歩く(8分ほど)
やなみ峠

一等三角点「鳶尾山」の石標は、4つの妨衝石のみならずモルタルでも堅固にディフェンス
一等三角点「鳶尾山」

相模野(中津川と相模川)の段丘群と扇状地を一望できる。現在は桜が植樹され一部の視界を妨げる
鳶尾山頂からの眺望

2. 一等三角点「下溝村」(相模野基線北端)
東北東へ移動し、相模原市南区麻溝台4丁目。「あい薬局」が目印、説明板は文字が消えて読めない状態
相模原市南区麻溝台4-10-14地先

国土地理院による案内と「土木學會選奨土木遺産」銘鈑
相模野基線北端三角点「下溝村」土木遺産銘鈑

その左に主役の一等三角点「下溝村」。妨衝石が3つ、役に立つのか? と思ってしまう(枕)
一等三角点「下溝村」

3. 基線中間点
南南東へ移動し、座間市相模が丘2丁目。「コーポ福山」前にバイクを失礼
座間市相模が丘2-17地先

マンホールに似てマンホールに非ず

この蓋の下に鎮座している(あえて開けなかった)。ここから25mほど南東「さがみの仲よし小道」に面して「土木學會選奨土木遺産」銘鈑がある

4. 一等三角点「座間村」(相模野基線南端)
さらに南南東へ移動、座間市ひばりが丘1丁目。こちらの説明板はキレイ
相模野基線南端三角点「座間村」説明板

鳥羽内科の私有地なので、外の市道から失礼
座間市ひばりが丘1-29-1

雑草の陰にヒッソリ佇んでいる
一等三角点「座間村」

5. 一等三角点「長津田村」
東北東へ移動し、横浜市緑区長津田町。畑が迫り、背後に東工大の校舎があるためピンとこないが、高尾山の山頂である。明治の昔は、ここから基線両端や鳶尾山も充分に見えていたはずである
横浜市緑区の高尾山

飯縄神社の鳥居をくぐると左のベンチそばに目指す物件が
飯縄神社

あろうことか、カドが欠けている(8年前はこんな損傷はなかった)。やはり妨衝石は必要だったのだ(落ち)
一等三角点「長津田村」

全国の測量基準点(三角点、水準点など)一覧地図も、ご高覧いただければ幸い。

以上5点はバイクなら3時間ほどで巡回できる。
これらは、GPS 全盛の今となっては、もはや化石なのかも知れないが、この5つの化石が、こんにちの我が国の地図の礎となったことは疑いようのない事実でもある。
ところで相模野基線(下溝村~座間村、上記マップ中の赤い線)について、明治35年の求直線測量では 5209.9696m、大正13年の観測実測値は 5210.2125m(関東大震災による地殻変動の影響といわれる)、そして2012年1月12日GNSS測量機で観測された結果は、5210.13mのようだ。
で、いま Google Maps API を使って計算すると 5221.9946m を(地理院地図でも5.221kmを)算出してしまう。これがタイルの(技術的な)ズレなのか、他に理由があるのか、私には解らない。

明治15年の基線距離計測にあたり、第一中間点と第二中間点が設けられたが、これは現存していない(上記マップ中のAとBが推定の位置)。

  • 南端より第一中間点=1597.5432m
  • 第一中間点より第二中間点=1867.5336m
  • 第二中間点より北端点=1744.8928m

また、古い地形図には「文部省測地學試験所」が記載されている。上記第二中間点の至近の位置で、通称「六十間長屋」(現在の相模台2丁目、上記マップ中のZ)。相模野基線の付属施設として1902(明治35)年、基線の精度を上げるため100mの軌条と標石をもつ東西110メートルの茅葺き小屋だったという。1928(昭和3)年頃まで存在していたらしい。
長くその所在が不明となっていたが昭和54年宅地造成中に標石が発見され、現在はその宅地敷地内に案内板が建てられているとのこと。

参照:一等三角点とは「麻溝台地区の昔々」No.5 | 相模台地区自治会連合会相模野基線/神奈川県 - 相武電鉄資料館