Google Custom Search

リニアの駅とルート・最終案の地図

  •  updated:

14年後の2027年に東京・名古屋間で開通が予定されているリニア中央新幹線について、JR東海が駅の場所や詳細なルートの最終的な案を発表した。

当該案によると、ルートのほとんどはトンネル。来年度からの着工を目指し、最高時速は500km/hで、東京・名古屋間は40分で結ぶ計画。
その『中央新幹線(東京都・名古屋市間)環境影響評価準備書のあらまし』(JR東海、平成25年9月18日)を元に、グーグルマップにトレースしてみた

こちらも参照:全国の路線図

リニアの駅は、東海道新幹線の東京・品川駅と名古屋駅のいずれもホームの地下に設置される。また中間駅は、神奈川県相模原市緑区のJR橋本駅近くの地下、山梨県甲府市大津町の地上、長野県飯田市上郷飯沼の地上、岐阜県中津川市千旦林近くの地上に設置するとのこと。

ところで500km/hという速度は、どのくらいなのだろう?
ジャンボジェット機(ボーイング747-400)の離陸時のスピードは300km/h強、着陸時はおよそ250km/h程度とのことだから、現行の新幹線と変わらない。
巡航速度は900km/hあまりとのことだが、空中では感覚的に認識できない。
ほとんどトンネルの中を走るリニアも、これに似たものかもしれない。
それとも、トンネルを抜けたわずかの時間に、恐怖を感じるだろうか。

もっとも、車窓の風景を愉しみ、駅弁に舌鼓を打つような情緒は、皆無だろう。

以下も参照:北陸新幹線のルート北海道新幹線のルート西九州(長崎)新幹線のルート